子宮体がんとは

子宮体がんとは右に図に○で示されている、子宮内の胎児を育てる部分にできるがんのことを言います。

これのもっと下、頚部部分にできるものを子宮頸がんと言います。

 

子宮体がんには主に二つのタイプがあります。

一つ目はエストロゲン(卵胞らんぽうホルモン)の影響でがんが増えるもの、そして

二つ目はエストロゲンに関係なくがん細胞が増殖するものです。

 

子宮体がん 症状

一番多い症状に挙げられるのが「おりもの」の異常です。色が濃かったり、異臭があったり、通常と違う場合は注意が必要です。

長引く場合は婦人科で検診を受けたほうがいいです。

次にあげられるのが、月経以外の時期に出血する場合です。または月経が異常に長く、なかなか終わらないなどの症状がつづいたら子宮の異常を疑うべきです。

癌の進行が進むと、腰痛や腹痛などの症状が出ることもあります。

 

子宮体がん 原因

先ほど子宮体がんのタイプを二つ挙げましたが、一つ目の「エストロゲン」の異常による子宮体がんの原因はかなり解明されています。

エストロゲンの異常を引き起こす原因の一つが肥満です。脂肪細胞に含まれるアロマターゼという酵素がエストロゲンを多く作ってしまいます。

また、糖尿病も原因の一つです。糖尿病事態にもいくつかタイプがありますが、糖尿病になるとインスリンが増え、それと一緒にエストロゲンも増えるといわれています。

エストロゲンのバランスが崩れることによって起こる卵巣機能異常も子宮体がんの引き起こす原因になります。

エストロゲンのバランスを整えることが子宮体がん予防になることになります。

 

子宮体がん 治療

子宮にがんが発見されると、まずその進行の度合いによって治療方法が変わります。

1.子宮温存治療  
プロゲステロン(黄体ホルモン)を投与する治療でホルモン療法と言われています。がん細胞がこれ以上増えないようにエストロゲンの増殖を抑えます。

2.子宮及びガン部位の切除手術

これは子宮とガン部位を手術で除去する方法です。

3.化学療法

科学的な薬物投与の治療です。

 

子宮体がんまとめ

50代から60代に多い病気であり、おりもの異常などの症状がでる。

主な原因の一つに、肥満や糖尿病などによるエストロゲンの増殖があげられる。これを抑えることはがんの予防になります。

なってしまったらホルモン療法と部位切除が主な治療。

 

一番大切なのは・・・予防と検診

肥満に注意が必要です。

 

エストロゲンのバランスを整える・・・↓↓↓↓

 

 

© 2016 女性の病気 rss